デリヘルで女子高生に売春強要 容疑で「茨城人権擁護支援会」理事長を逮捕

産経新聞 2月27日(金)16時4分配信

茨城県警生活環境課などは26日、売春防止法違反(契約、周旋)の容疑で、NPO法人「茨城人権擁護支援会」理事長で、風俗店経営の○○○○容疑者(61)=茨城県下妻市下木戸=と同法違反(周旋)の容疑で従業員の○○○○容疑者(22)=同市下妻乙=逮捕し、27日に水戸地検下妻支部に送検した。

逮捕容疑は昨年12月、茨城県下妻市下木戸の無店舗型風俗店「セレブな愛人アマン」の事務所で、県立高3年の女子生徒(18)と売春契約を結び、今年2月5日、同市内のホテルで男性客(25)に売春行為をさせたとしている。

生活環境課によると、○○容疑者は昨年12月、風俗店と知らずにアルバイトの面接にきた女子生徒の免許証などをコピーして「家に行くぞ」などと脅し、売春を強要していたとみられる。

女子生徒は昨年12月から、県警に保護される今年2月までの3カ月間に、男性客約60人を相手に売春をさせられていたとみられるという。

生活環境課によると、風俗店の事務所として使用しているアパートの部屋は、NPO法人の事務所として下妻市に登録されており、電話番号も同一だった。

風俗店の送迎用の乗用車には「茨城人権擁護支援会」と書かれたステッカーが搭載されていたという。

下妻市のホームページなどによると、茨城人権擁護支援会の活動内容は「子どもの健全育成を図る活動」や「人権の擁護と平和の推進を図る活動」などとしているが、活動実態はないとみられており、○○容疑者は県警の調べに対し「NPOはイメージが良いから登録した」などと話しているという。

生活環境課によると、同店の料金は60分1万7千円で、昨年12月の契約時点では、店側7千円、女子生徒1万円が取り分とされていたが、店側から女子生徒には未払いの賃金もあったという。

引用元: デリヘルで女子高生に売春強要 容疑で「茨城人権擁護支援会」理事長を逮捕 (産経新聞) – Yahoo!ニュース.

※氏名は編集

 

▼実在する女子高生デリヘル

現役女子高生が働くデリヘル

NPO法人の名を使い、デリヘル店を運営とは・・・。

デリヘルと、届出のNPO法人の事務所が同じ。

デリ嬢の送り迎えの車も、NPO法人のステッカーが貼られてたとは

だれも関係者が、そのデリヘルを利用したことが無かったのかな~

 
NPO法人とは、「特定非営利活動法人」

非営利活動法人といっても、運営活動のための資金や、役員・事務員の給与のための、営利活動はいいようです。

子どもの健全育成を図る活動の為に、女子高生(子供)を使い、営利活動をしたのでしょうね。

 
女子高生に売春させるのが、子どもの健全育成を図る人権擁護支援なのでしょうね。

 
デリヘルとは、自宅やホテルなどに、女性を呼び寄せ、性的マッサージなどを行ってもらうサービスです。

日本では売春は禁止なので、もちろん本番のセックスは出来ません。

一応表向きはそうしか言えませんしね。

 
健全?なデリヘルは、売春行為を一切禁止してます。

 
しかし中には、追加料金や、デリ嬢の気分しだいで本番行為を行わせてるのも事実です。

店が禁止してても、デリ嬢が個人的に行う場合もあります。

 
現役女子高生が働くデリヘルもあるかもですね。

デリ嬢が年齢をごまかしたり、店公認の場合もあるでしょう。

 
運よければ、実在する女子高生デリヘルに会え、やれるかも

運悪ければ、その後児童福祉法で、やった方も捕まるかも。

 
夏休み・冬休みなど、休みが長期有る場合に、現役女子高生が働くデリヘルが増えるとも聞いたことあります。

今の2月の時期、高校卒業前だが、学校は休みで、一応現役女子高生っても居るかもしれませんね。

 
現役女子高生が働くデリヘルのエロ動画ありました。

紹介しますね。

 
女子校生とセックスできちゃうデリヘル店は存在した

 
出張風俗のデリヘルは結構簡単に商売始められて

ヤバいと辞めて、また名を変え再開。

 
女性を雇うときも、若い女性が欲しいので、そう詳しくは聞かないで雇う。

現役女子高生が働くデリヘルって結構あるかもしれませんね。

アダルトグッズ 大人のおもちゃ