マニアックな性癖になったきっかけは

子供や学生時代の、いじめが原因でなったのが

当サイト「無料アダルトエロ屋」への経験談投稿で多いのがわかります。

 
その中から、集団でのいじめ体験から、うんこに興味を持ち出した

スカトロエロ体験告白を紹介します。

 

▼彼へのアナルお仕置き

当時高校生の私(ゆき)は、同級生の彼(ひろし)と付き合ってた。

その彼が、私と幼馴染で仲の良い友達(カナ)にチョッカイを出した。

カナが断っても、ひろしはしつこくつきまとってた。

彼のことが許されずに、カナを言いくるめ、彼へのアナルお仕置きをすることにした。

 
アナル好きのきっかけとなった、スカトロエロ体験告白

思い出しながら書きます。

 
ゆきの部屋にひろしを呼び出し、いきなり私が出て行き

『ちょっとひろし!何やってんのよ!』私が来てひろしは唖然とする。

『え?ゆき?あ!いや・・これは・・その・・』ひろしは相当焦っていた。

 
カナは『私はちゃんと断って嫌だ!って言ったんだもん』と。

『わかってるよ。全てはひろし!あんたが悪いんだよ』私はきっぱり言い放った。

そして『許せない!私の親友に手を出そうとするなんて!』

するとひろし『わ、悪かったよ・・ごめん・・』

 
私は予定通りに『そんなことで許すわけないでしょ?カナも協力して!こいつにはお仕置きが必要よ!』

カナも『わかったわ。協力する』という。

 
私とカナで協力し、ひろしの両腕両足を紐できつく縛った。

『な、何すんだよ』ひろしはいきなり縛られて動揺している。

私は『今からあんたを辱めてあげるから楽しみにしてなさい』

 
ひろしを全裸にして、さらに四つんばいにさせた。

『さあて、今からたっぷりアナルマッサージしてあげるから喜びなさいよ』

クリームを人差し指に塗り、ひろしのアナルに突っ込んだ。

 
『うわあああ・・や、やめてくれ』

私は容赦なく指を抜き差しし始めた。

 
『どう?気持ちいい?』

ひろしは『や、やめてくれよぉ』

 
『はぁ~それしか言えないの? まだまだよ。30分くらい続けてあげるよ。』

既にチン○は勃起してた!

 
『ん?なんか付いてるひろし!あんたうんちなんか溜めてんじゃないでしょうね?』

『まぁいいわ。次はカナがマッサージしてくれるってさ。よかったね。ひろし!』

今度はカナの人差し指がアナルに入ってきた。

『あうう・・勘弁してくれ』

カナは『まだ入れたばっかりでしょ?』そういうとカナは指を抜き差しした。

 
そしてカナに10分ほじられ続けられたころ、ひろしは『ウウッ』といって白い液を飛ばした。

『なんでカナで出してるんだよ!』

私は無性に腹立ってきた。

 
今度は私がアナルに指2本を入れて、激しく抜き差しはじめた。

ひろしの様子がオカシイ?

『どうしたの?ひろし?』

 
『ああ!手を解いてくれないか?うんちが出そうなんだぁ』

私は『ダメダメ!もっと耐えるんだよ!』

アナルの中で指をかき回した。

 
『もうダメ、出ちゃう~』
  
鳴きそうな声で言ったとたん

 
アナルからはついにうんちが・・・。

『ムリムリムリムリムリブリブリブリブリブリブリ』バナナ並の便が五本くらい排泄された。

 
『やだあ漏らしちゃったのぉ?最低!汚な~い!』

カナも『ホント何漏らしてんのよ!臭いじゃない!』

ひろしは恥ずかしさから、ショックを受けていた。

 
部屋の中は、新聞紙の上に出されたうんちの臭いが充満してた。

 

このことがきっかけでその後もひろしは、私たちにアナルをイジラれうんこを出すプレイにはまった。

 

▼無料で読めるスカトロ体験告白

集団になると、いじめはとてつもない方向へと進むことがあります。

この投稿者も、彼をお仕置きするつもりが、彼も自分もスカトロの世界へと興味を抱き

その後も、スカトロお仕置きに深くハマっていくのです。

 

生まれもって、最初からその性癖があるのではなく

何かのきっかけで、スカトロ性癖へと入っていくようです。

 
大便・小便・お漏らし・浣腸など

無料で読めるスカトロ体験告白掲示板が

「無料アダルトエロ屋」にはあります。

 
他では読めない本物の、スカトロエロ体験告白投稿をどうぞ。

 
無料アダルトエロ屋の、スカトロエロサイトはこちら↓

■エロ排泄汚物部屋

 

アダルトグッズ 大人のおもちゃ