「無料アダルトエロ屋」には、

エロい体験投稿として、「夜這い」つまり寝込み悪戯の投稿が数多くあります。

 
その中でも、性へ目覚めときに、身近な存在である女

家族の姉や妹、親類の従姉妹への、夜這いの想いで話が多いですね。

 
女性の体へ興味を持ち、どうしても、見たい・触りたい

その感情を鎮めるために行った、姉への、過去の夜這いの想いで話を紹介します。

 

▼始めて見る女性器

俺が始めて寝てる姉へ悪戯始めたのは、中学生の夏ごろからです。

その頃初めてオナニーを覚えて、毎日のようにやってました。

 
高校生の姉のパジャマが、薄いピンクの生地のパジャマに変わってから。

最初は、寝てる時に布団を捲って、パジャマから透けて見えるパンツを見て楽しんでただけ。

だけどだんだんと、見るだけじゃ我慢できなってきた。

 
パジャマの上着を捲ったら、下はノーブラだった。

オッパイのふくらみが現れてきて

手を伸ばして触ってみたら、凄く柔らかくて、でもピクッと姉が反応したようで、直ぐに部屋に戻った。

 
次の日、姉は何も言わず普通どおりだったので、気づいてはいなかったと思う。

 

それから数日後、その日は暑い熱帯夜の夜でした。

姉の部屋に忍び込んでいくと、Tシャツと下はパンツだけで寝てました。

 
初めて、目の前で見る姉のパンツの股間。

パンツの上からふっくらと膨れたマンコをに手を当てると柔らかく、さらに俺の気持ちを高めてきた。

 
実際にそれまで、マンコを見た事が無く、想像ばかりでオナニーしてました。

始めて見る女性器、どうしても姉のマンコが見たくて見たくて、パンツを少しズリ下げました。

 
毛が出てきたけど、それ以上パンツを下げるが難しくマンコが見れず

今度はパンツの横から捲ると、溝のように割目のようになってて

そこから何かネズミ色した物体が出てて

これ何?

 
でも、凄くいやらしく思えたのを覚えてます。

 
顔を近づけると、へ~んな匂いがしてて、でも嫌いな匂いじゃなかった。

 

—続きは夜這い体験談より—

 
この方は、大学生になった姉が夏休み帰ってきたときに、悪戯途中で見つかり、

そのまま襲い近親相姦となったようです。

■エロ寝姿夜這い

 

▼寝てる姉さんに悪戯

エロ動画にも、姉妹に夜這い悪戯するのは多く作られてます。

夜這いマニアは多いようです。 

 
その中から、寝てる姉さんに悪戯強姦するエロ動画を紹介します。

 

遠い昔、近親相姦までいかずとも、姉や妹に夜這いの想いで、ある人いるはずです。

その後、お互いに社会人になったり、結婚したりで

タブーな話でお互い忘れた振りしたりとかで。

 
その当時は、凄く興奮した想いでだったでしょう。

 

アダルトグッズ リアルドール