下着泥棒が被害者へ悪戯電話でテレオナ

下着泥棒と悪戯電話の、加害者からの体験告白投稿です。

下着泥棒を行う時、悪戯電話をかける時の心境などが判ります。

知ってる女性の下着を盗み、その女性の履いてた下着を見ながら、相手を困らせる卑猥な電話。

下着泥棒が被害者へ悪戯電話でテレオナニー。

▼同級生に悪戯電話

くーる

中学生の時の話です。

まだ携帯とかナンバーディスプレーが普及していなかった頃です。

中1の夏休み中でした。

部活の先輩家に遊びに行く機会があり、そこでドキドキすることがあったんです。

先輩の部屋から干してある洗濯物が見える事に気付いたんです。

先輩には妹がいて、自分とは同級生です。知世さんはいつも髪をツインテールにしていて、クラスの中ではおとなしい真面目な印象の子でした。

距離にして1m程の所に干されてある洗濯物の中から、知世さんの下着類を目で探し、☆柄模様と英字のロゴがプリントされた白いパンティを見つけたんです。

引用元: 同級生に悪戯電話:痴漢・悪戯読物.

 
痴漢・悪戯読物から、同級生の女子への

下着泥棒が被害者へ悪戯電話でテレオナの紹介です。

 
下着泥棒の被害者は、悪戯電話の被害者にもなることが多いと言われてます。

それは下着泥棒の、被害者への独占欲が強く、下着を眺めるだけでは満足出来なくなり

被害者女性の声を聞きたくなるからと言われます。

 
被害者女性の下着を、眺め・触り・穿き・嗅ぎ、下着に守られてた箇所を妄想し、オナニーに耽るのです。

妄想には、声があるとより深くなります。

下着泥棒が被害者へ悪戯電話でテレオナ、自分では被害者とセックスをしてるのと、同じなのでしょう。

▼下着泥棒は性犯罪の入口

下着泥棒から、ストーカーや強姦など、次の犯罪へ進むことがあります。

 
干してある下着より、洗濯する前の下着が欲しくなり、内部に侵入したり

下着だけでは我慢できなくなり、被害女性の体を見たくなり、覗きや部屋への侵入。

 
更に行動はエスカレートし、直接女性の体を触りたくなり、性的悪戯や、そして強姦。

下着泥棒は性犯罪の入口と言われます。

 
下着泥棒から、そこの住人を強姦するアダルト動画あります。

下着泥棒バーチャル3

 
街中で見かけた、可愛くスタイルが自分好みな、女性の住まいを突き止め下着泥棒。

被害女性の私生活を調べ上げ、部屋に侵入して強姦。

都会のアパートの密室の中で起きてる、一つの例だそうです。

 
殆どの女性が泣き寝入りとか・・・。

 
無料アダルトエロ屋には

性犯罪の加害者と被害者の、危ない体験投稿があります。

 
体験告白投稿・性犯罪の懺悔はコチラ↓

■エロ体験告白

 

大人の玩具特割セール