野外露出撮影 女子大生⑤

私の女性体験と、出会い系利用の体験から 野外露出撮影 女子大生編をお話してます。   前回までの内容は ■出会いの方法 ■露出撮影モデル探し ■露出撮影の方法 ■貧乏女子大生 となってます。   野外で、淫乱な格好をさせて撮影しますが コチラも、撮影しながら興奮状態です。 そのままでは終わりません。

▼モデルも興奮

殆どの女性は、エロくて淫乱な格好やポーズをさせると 恥ずかしく、そして興奮し、アソコも濡れてきます。   仮に、自分が自覚してなくても、アソコを開くとドロドロ状態が殆どです。   野外など、普段脱がない場所で脱ぐとなると、余計にモデルも興奮するものです。 日中の明るい野外で、普段は衣類や下着で隠してる部分を、モロ出しに曝け出すのです。   それも、コチラから言われるままに、恥かしいポーズでの撮影です。   最初は車の陰でのポーズですが、やがて慣れてくると 道路の真ん中で仁王立ちにならせ、スカートを捲り上げ、陰毛丸出しです。   そのまま立ったままで、陰部のワレメを二本の指で開かせます。 顔を見ると、頬は紅潮し、視線は俺とは合わせないように、アチラの方を向いてます。   こんどは、後ろを向かせ腰を曲げさせて、バックから陰部を開かせます。 太陽の光で、陰部のワレメの中の具が、濡れた液でイヤらしくヌメリ輝き光ってます。   この辺りまでになると、モデルも興奮してるので ポーズの注文を出す場合に、体を触ったり、陰部を触ったりは、相手も嫌がらずごく自然におこなえます。   俺の指で、ワレメを開いたり、クリの皮も剥き、匂いまで撮れるかのように、カメラを近づけ撮影することも可能です。   既に露出撮影という、恥かしい事をおこなってる女には もうそれ以上の恥かしいことは存在しません。   この際に、ドンドンと恥かしい姿に挑戦させます。 道路の脇の側溝を跨らせ、そのままオシッコをさせます。   立ったままで、人に見られ、カメラを向けらての立小便と言う事で、中々出ません。 力むと、性器の穴と、周りのビラビラが、ヒクヒクと動くのが判ります。   やがて尿道から、チョロチョロと流れ出し、勢いが増して大量の尿が大きいシブキを放ち、側溝の中へと落ちていきます。   女性の立小便は、性器の形状のためか、かなり大幅に飛び散ります。 太ももに伝わり流れ、ふとももを濡らすこともあります。   その場合は、何も言わずに優しく拭いてあげましょう。 チョッとした心遣いが、その後のセックスへとスムーズに進みます。   立たせたまま、陰部にローターを挿入しました。 ニュリュリと簡単に入ります。 スイッチを入れ、ローターを落させないように我慢させます。   やがて膝を内側に曲げ、腰を落とし始めました。 快感の限度が近づき、イキはじめたようです。   しかしここではイカせません! ローターを抜取り、車の中へ移動です。

▼野外で感じる女の動画

人目を気にしながら、恥じらいながら感じる 野外露出撮影 女子大生の動画です。   非日常での露出、野外で感じる女達。  
Fatal error: Call to undefined function is_ktai() in /home/anasi/public_html/eroya/wp/wp-content/plugins/php-execution-plugin/includes/class.php_execution.php(273) : eval()'d code on line 129