場所を変えると、同じことでも興奮度が変わります。

部屋でやることを、野外でやると何倍も興奮。

オナニー・エッチと、ほんの短時間でも、一気に昇天。

 
エッチもマンネリで、セックスレス気味のカップルが投稿した

野外露出エロ体験告白の紹介です。

野外露出エロ体験

俺25、カオル20、1年ほど付き合ってて

何もかもマンネリ気味で、ほとんどセックスレス。

そこでこの前やって興奮だった、野外露出エロ体験告白です。

 

▼野外オナニー

カオルを連れてドライブに行くことにした。

今日はただのドライブじゃない。

家を出るときに、罰ゲームでノーパンのカオル。

 
しばらくして、カオルにスカートを捲るように言い付けた。

パンティは履いてないので毛が丸見え。

そのままでしばらく走り続けた。

 
俺はオナをするように命じたが、野外オナニーは嫌だとカオルはしようとはしない。

俺はきつい口調で再度命じた。カオルは渋々クリを触り始めた。

本気でしていないようだったので、真面目にするように強く言った。

 
気が付くとカオルは小さく喘ぎ声を出していた。

俺は郊外を出たところで、オッパイを出して触るよう言うとためらわず実行した。

俺はローターをカオルに渡し、使うように言った。

 
もう恥じらいはないのか、声も大きくなりイキたがったが許さなかった。

しばらく走りようやく目的の場所に着いた。

 
俺はカオルに、裸になり、持ってきたコートを着るように言い付けた。

カオルは嫌な顔をしたが言われたようにした。

 
カオルを車から連れ出し、高台の所に行きオナするよう言い付けた。

アソコが見えるように脚を開かせ、ローターを渡した。

 
車でしてたように、カオルは胸とクリをいじりながらオナを始めた。

カオルは濡れやすく、マン汁を大量に垂らしていた。

 
イキたそうな目付きで俺を見ていたが。俺は首を振って許可しなかった。

だが、野外オナニーの興奮に我慢できなかったかのか、無断でイッてしまった。

 

▼目隠し野外露出プレイ

俺はオナニーで勝手にイッた罰として目隠しをさせた。

本当は最初から、目隠し露出プレイを計画してたのだ。

 
不安そうな顔をしていたので、安心させる言葉をかけてその場から離れた。

カオルの手をひきながらも時折、胸を揉んだり、コートを開いたりして別の場所に連れて行った。

 
カオルを近くのトイレに連れ込んだ。男用だ。

ドアの上の枠に両手を縛りあげた。

 
目隠しをされ動けないカオルを置き、直ぐ来るからとその場を離れた。

もちろん声を出さないように言い付けてある。

 
誰か来たらヤバいので、カオルには判らないようにトイレの入り口には居た。

しかしカオルには誰が来るか判らない、目隠し野外露出プレイ。

恐怖と羞恥心で、逃れようと必死に体を動かしてた。

 
10分ほどして俺は、カオルに気づかれないようそっと近づき、いきなり胸をわしづかみした。

「○○君? ○○君?」と小さい声で叫んだが、俺は黙って触り続けた。

カオルは恐怖からか震えていた。涙も流してるのか目隠しが濡れてる。

 
乳首をいじったり、舐めたりしはじめた。

体を優しくなでたりもしてやると小さく喘ぎ始めた。

 
恐怖で震えてるのに、マ○コはダラダラ状態。

俺はたまらなくり濡れた部分を舐めてやった。

いやらしい音がするように舐めてたった。

カオルは喘ぎ声の中に俺を呼ぶ声が聞こえきた。

 
カオルの脚を開いて、後ろから俺の固くなったチ○ポを突き上げてやった。

カオルのあえぎ声は苦痛の叫びにも聞こえてきた。

 
あっという間に俺はいってしまった。

俺はカオルの目隠しを取ってやると、俺の顔を見み安心したのか、涙を流し始めた。

 
 続く・・・。

 

目隠しされ、彼か誰だか判らない人に触られ、犯され、恐怖のカオルさん。

でも、これをきっかけに、目隠し野外露出プレイにハマったそうです。

 

無料アダルトエロ屋の、体験告白投稿には

他にも色んな興奮の野外露出エロ体験告白があります。

コチラ↓からどうぞ。

 

■エロ体験告白

 

アダルトグッズ リアルドール