電車の中や、大勢が集まる場所で

ぎゅうぎゅう詰めで、周り人の体がくっつくとき

それが若い女性だったら・・・

悪戯心・痴漢の誘惑、起きませんか?

 
普通は理性で押さえ実行しませんが

欲望に負け、痴漢行為を実行した

痴漢悪戯エロ体験告白の紹介です。

 

痴漢悪戯体験

人は欲望に負けるときがあります。

あまりにも、欲求が強かったり

あまりにも、性的に魅力的だったりすると。

 

▼お祭りの人ごみで太ももに

男友達と、ある有名なお祭りを見物に来てた。

時間は暗くなってから、お祭りの山車をちょうちんなどで綺麗に飾り

何台も俺たちの前を通っていく。

 
歩道は大勢で、身動き取れないほどの状態だった。

まさかお祭りで痴漢するとは思ってなかったけど

 
人人人の大盛況… 

最初は場違いだなと思いつつ、山車をみてた。

そんな時後ろから押され、右手に柔らかな感触が…

 
もしや、と思い横を見ると、隣にいた見ず知らずの女の子のふとももが当たってた。

下は見れないが、生脚の感触なので、ミニスカなんだろう。

その子の横顔を見ると、高校生くらいだろうか?

 
と、また押されて、次は女の子のお尻に手が触れた!

とっさに女の子を顔を見たが、何も変化は無い。

お祭りの人ごみに押されてで、お触りとか痴漢とかは思ってないようだ。

 
俺の何かが弾けた。

祭りのせいか、高揚した気分のためか?

これだけ人がいるならバレまい…とスケベ心の方が勝った。

 

▼太ももの温もり

今までは偶然に当たったため、手の甲のほうだったが

手の平で、お尻に触れてみた。

顔を見るが、何事も無く祭りの様子を見てる。

 
お尻をスリスリ撫で回した。

女の子は祭りに夢中なのか、混雑で妥協してるのか

無反応のままだったのでしばらく撫で回してた。

 
この展開に、俺は興奮し肝も座った。

手を下ろし、直接太ももを擦りだした。

 
するとさすがに、触られてると感じたのか、体がピクッとなった。

でもかまわずに内もものほうに手を入れると、少し開いてた脚がぴたっと閉じられ

瞬間的に俺も手を引っ込める。

 
それでも女の子は前を見たまま。

再び俺は、手を伸ばし、スカートの中に潜らせ、太ももの付け根まで進んだ。

プヨプヨした感触と、太ももの温もりが感じられた。

 
しっかりと閉じてるけど、両足の太ももとお尻の間の、▽点に指を押し入れる。

パンツの上からだけど、女の子の大事なところの柔らかさが感じられる。

 
中指を器用に動かし、パンツの縁から中に侵入させた。

モジャモジャとした毛の感触。

そして生暖かく柔らかく、プニュプニュした地帯へと・・・

 
 続く・・・。

 

お祭りの混雑の中での、痴漢悪戯エロ体験告白

この後、女の子のアソコを好き放題にいじくる男性です。

 
そして暗がりに任せて、自分のペニスも出し、無理やり女の子に触らせます。

目の前ではお祭り、2人の下半身は・・・

 

この続きは、無料アダルトエロ屋の、体験告白投稿でどうぞ。

 

■エロ体験告白

 

アダルトグッズ リアルボディ